バッタの別名。 秋》「―はわぎもが肩を越え行けり/誓子

スズキ目ハタハタ科の海水魚。全長約20センチ。体はやや細長く側扁 (そくへん) し、口が大きく、うろこはない。北太平洋と日本海の深海に分布し、11月下旬から12月にかけて産卵のため沿岸の藻場に押し寄せる。秋田・山形沿岸でこの時期に漁獲。淡泊な味で、ぶりことよぶ卵塊とともに食用。おきあじ。かみなりうお。 冬》

[補説]「鱩」「鰰」は国字。

[副]

  1. 物を続けざまにたたいたり何かにぶつけたりする音や、そのさまを表す語。

    1. 「下駄の雪を落とす音が、―と聞こえる」〈藤村千曲川のスケッチ

  1. 旗などが風にあおられたり、鳥が羽ばたいたりして立てる音や、そのさまを表す語。「洗濯物がはたはた(と)ひるがえる」「はたはた(と)うちわであおぐ」

  1. 動作が迅速であるさま。

    1. 「太夫―と来て」〈浮・禁短気・一〉

出典:青空文庫