• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「はたすすき」の音変化という》

[名]はたすすき」に同じ。
    1. 「―尾花逆葺 (ふ) き黒木もち造れる室 (むろ) は万代までに」〈・一六三七〉

[枕]薄の穂の意から「穂に出づ」、また、薄の末 (うれ) の意から同音を含む地名「浦野の山」にかかる。
    1. 「―穂には咲き出ぬ恋を吾がする」〈・二三一一〉

    2. 「―浦野の山に月 (つく) 片寄るも」〈・三五六五〉