• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

小杉天外の処女小説。明治33年(1900)刊。序文は、わが国における自然主義文学論の先駆とされる。