1. 放すこと。多く、複合語の形で用いる。「手放し」「野放し」

  1. 動詞の連用形に付いて、その動作をしたままで放置する意を表す。前に促音が挿入されて「ぱなし」の形をとることが多い。「開け放し」「置きっ放し」「やりっ放し」

  1. 言葉を交わすこと。会話。談話。また、声を出して言うこと。「話が尽きない」「こそこそ話」

  1. 筋をたてて述べること。また、その内容。「話のうまい人」「ためになる話」

  1. 話題。「話は変わりますが」「話をそらす」「難しい話はやめよう」

  1. うわさ。評判。「人の話によれば」「国中が選挙の話で持ち切りだ」「話だけで実現しない」

  1. 話し合うこと。相談すること。「ちょっと話がある」「話がこじれる」「話がまとまる」「結婚話」

  1. いきさつ。わけ。事情。「詳しい話は知らない」「お話はうかがっています」

  1. 物事の道理。「話の通じない人だ」「それでは話が逆だ」

  1. (「咄」「噺」とも書く。「噺」は国字)人に聞かせるための作り話。説話・昔話・落語など。「浦島太郎の話」「お話の世界」「人情話」

  1. こと。ことがら。前述の内容をさしていう。「こんなになるまでほうっておいたとは、まったくひどい話だ」「いやはやあきれた話だね」