1. ウナギ目ハモ科の海水魚。岩場や砂底にすみ、全長約2メートル。体はウナギ形でやや側扁し、吻 (ふん) がとがり、鋭い歯をもつ。背面は紫褐色、腹面は白色。本州中部以南に産し、夏に美味。 夏》

  1. (東北地方などで)アナゴの別名。

[連語]《係助詞「は」+係助詞「も」》感動・詠嘆を表す。…はまあ。…だなあ。
  • 「高光る我が日の皇子 (みこ) の万代 (よろづよ) に国知らさまし島の宮―」〈・一七一〉
[補説]主に奈良・平安時代の和歌にみられる。文末にあっては、「は」「も」を終助詞とする説もある。

出典:青空文庫