• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

小杉天外の小説。明治35年(1902)刊。「はつ姿」とともに、ゾラ自然主義思想に影響を受けた作品として知られる。