《汗を再び体内にかえす意から》一度出した命令を取り消すこと、また改めること。

  1. 敵の内部に入り込んで、敵情を味方に知らせたり、敵を混乱させたりすること。また、その者。間者。間諜 (かんちょう) 。

    1. 「外に敵人の―を信じて謀士を疑い」〈東海散士佳人之奇遇

  1. 敵の間者を逆に利用して、敵の裏をかくこと。

相手の存在や言動に対して反抗する気持ち。反発の感情。「反感を抱く」「反感を買う」

なかば官営であること。

忙しいことと暇なこと。「部署によって繁閑の差がある」

繁雑と簡略。事細かいことと大まかなこと。「繁簡よろしきを得ない文章」

《「藩」は垣根、「翰」は柱の意。「詩経」大雅・板による》地方を鎮め、王室の守りとなる国家の重臣。転じて、諸侯。藩屏 (はんぺい) 。藩籬 (はんり) 。

出典:青空文庫