目を半ば開くこと。また、その目。「目を半眼にしてようすをうかがう」

  1. ほうがん(判官)

  1. 裁判官

    1. 「朋友は、今は―になって地方に行て居るが」〈独歩武蔵野

多量の斑晶をもつ斑状組織の火成岩。一般に、アルカリ長石の斑晶をもつ花崗岩 (かこうがん) 質の組成の半深成岩をさし、花崗斑岩とよぶ。石英の斑晶に富むものは石英斑岩とよぶ。

朝鮮半島中南部を流れる川。太白山脈に源を発し、ソウルを貫流して江華湾に注ぐ。長さ514キロ。かんこう。

出典:青空文庫