共産主義に反対すること。⇔容共

[名](スル)
  1. 音波が障壁にぶつかって反射し、再び聞こえる現象。こだま。「声が壁に反響する」

  1. 発表された事柄・出来事などの影響によって起こるさまざまの反応。「海外で反響を呼ぶ」「反響を巻き起こす」

[補説]書名別項。→反響
日本の政治・文芸評論誌。大正3年(1914)4月、生田長江森田草平が創刊。大正4年(1915)廃刊。
伊東静雄の第4詩集。昭和22年(1947)11月刊行。伊東の生前に刊行された最後の詩集。冒頭に「小さい手帖から」の見出しのもと戦後に書かれた10作の詩がまとめられており、それ以外は旧詩集からの抜粋で構成されている。

出典:青空文庫