1. 半夏生 (はんげしょう) 1」の略。 夏》

  1. カラスビシャクの漢名。また、その根茎を、外皮を取り除いて乾燥したもの。漢方で去痰 (きょたん) ・鎮嘔 (ちんおう) ・鎮吐薬などに用いる。 夏》

  1. 仏語。夏安居 (げあんご) の中間にあたる45日目の称。

偈文の半分。特に、諸行無常偈の後半の「生滅滅已 (めつい) 、寂滅為楽」のこと。釈迦雪山 (せっせん) で修行中に、身を羅刹 (らせつ) に与えることを約して聞くことができたという。