[名](スル)
  1. 借りたものの半分を返済すること。

  1. はんぜい(半済)

禅宗で、早朝の粥 (かゆ) と正午の斎食 (とき) との中間にとる簡単な食事。また、その時刻。

[名](スル)半分に裁断すること。また、その大きさのもの。「紙を半裁する」

1年の半分。はんとし。

[名](スル)《「はんせつ(半截)」の慣用読み》「はんさい(半裁)」に同じ。

古代ユダヤ教における最も古く、かつ重要とされた儀式。いけにえの動物を祭壇上で焼き、神にささげた。

出典:青空文庫