もと、偽証・誣告 (ぶこく) などをして他人を罪に陥れた者に、その罪と同一程度の刑を科したこと。

  1. 座席の半分。

  1. 談話などの途中。中座。

    1. 「夜談義を―で母は連れて逃げ」〈柳多留・三〉