たなごころを返すこと。物事がたやすくできること。「反掌の労を惜しむ」

[名](スル)
  1. 相手の主張がうそであることを証拠によって示すこと。また、その証拠。反対の証拠。「反証を挙げる」

    1. 訴訟法上、立証責任のない当事者が、相手方の申し立てた事実・証拠を否定する目的で提出する証拠。⇔本証

    2. ㋑ある推定をくつがえす事実を証明すること。

[名](スル)
  1. 照り返すこと。また、その光。照り返し。「残雪の反照」

  1. 夕日に照り輝くこと。夕映え。

  1. ある物事の影響が具体的な形で他のものの上に現れること。

    1. 「周囲の幽静な趣と―するためか、かえって町にいるときよりも動揺した」〈漱石

生死のさかいにあること。「半死半生」

夜中。半夜。

[名](スル)火事で建物などの半分が焼けること。半焼け。「昨夜の火事で工場が半焼した」→全焼
  1. 釣鐘の小さいもの。本来は寺院・陣中などの合図に用いたが、江戸時代から火の見櫓 (やぐら) につるし、火災・洪水・盗賊などの非常時に鳴らすようになった。

  1. 紋所の名。1を図案化したもの。

[名](スル)鳥が翼をひろげたまま風に乗って飛ぶこと。「トビが大空を帆翔する」

帆柱 (ほばしら) 。

[名](スル)同類のものを広くひっくるめて呼ぶこと。また、その呼び名。総称。「赤色をしたトンボを赤トンボと―する」

斑状組織の火成岩において、細粒の結晶やガラス質からなる石基の中に散在する大きな結晶。

歌唱指導の際、教師が模範として歌をうたうこと。

出典:青空文庫