一時 (いっとき) の半分。現在の1時間ほど。はんとき。

「漢竹の横笛とり出だし、―ばかり吹きて」〈義経記・一〉

判じること。判断。

「文吾の幼い頭にも少しずつ―がつきかかって来た」〈上司・石川五右衛門の生立〉

  1. 裁判官の官名の一。10年以上、判事補検察官弁護士・大学教授などの職にあった者の中から任命され、高等裁判所地方裁判所家庭裁判所に配属される。任期は10年で再任できる。

  1. 律令制で、刑部 (ぎょうぶ) 省大宰府に置かれ、裁判を審理し、刑名を定めることを任とした職員。

[名](スル)裁判の判決などで、裁判所が事実認定や法解釈について判断を示すこと。「判示事項」「公序良俗違反で無効と判示する」

出典:青空文庫