ある漢字の字音を示すのに別の漢字2字の音をもってする方法。すなわち、上の字の頭子音(声母)と下の字の頭子音を除いた部分(韻母)とを合わせて1音を構成するもの。例えば、「東」の子音は「徳紅切」で「徳」の声母[t]と「紅」の韻母[oŋ]とによって[toŋ]とする類。かえし。

[名](スル)
  1. 半分に切ること。半分に分けること。せっぱん。「土地を―して分ける」

  1. (半折)唐紙・画仙紙などの全紙を縦半分に切ったもの。また、それにかかれた書画。

  1. 写真用印画紙の全紙を半分に切った大きさ。四つ切りの2倍。

[名](スル)広く全般にわたって説くこと。また、その説明。「日本史を汎説する」

出典:青空文庫