1. まよなか。夜半。また、子 (ね) の刻から丑 (うし) の刻まで。

    1. 「―行人稀なる築地居留地を歩して」〈芥川・開化の殺人〉

  1. 一夜を二分したその半分。「半夜の宴」

  1. 江戸時代、京都島原・大坂新町などで、昼夜に分けて客をとった遊女。半夜女。

    1. 「遊女の有様、昼夜のわかちありて、―とせはしくかぎり定めるは」〈浮・一代男・一〉

版木を彫ることを職業とする人。また、その店。版木屋。

出典:青空文庫