[名](スル)いろいろの方面に広く用いること。「同一規格の部品を汎用する」

用事が多くて忙しいこと。繁多。「御繁用のところ恐れ入ります」

江戸時代、諸藩で経営した窯 (かま) 。製品は幕府・諸侯への献上ともされ、精品が多い。鍋島藩の鍋島焼、黒田藩の高取焼など。