[名]
  1. 反定立 (はんていりつ) 

  1. 反切 (はんせつ) 」の略。

[接頭]名詞に付く。
  1. それとは反対の、それに反対するの意を表す。「反体制」「反主流派」

  1. それに合致しない、それに背くなどの意を表す。「反道徳」「反社会的」

  1. 半分。半分の数量。2分の1。「一個半」「一メートル半」

  1. 正時から30分過ぎた時。「六時半」

  1. 2で割り切れない数。奇数。「丁 (ちょう) か半か」⇔

  1. 田畑の面積の単位。太閤検地以前は180歩、以後は150歩。

  1. 名詞の上に付いて、なかば、または、ほとんどその状態であることなどの意を表す。「半植民地」「半狂乱」

  1. 文書などに押して、しるしとするもの。印判。印形 (いんぎょう) 。はんこ。また、そのしるし。「書類に判をもらう」

  1. 書き判。花押 (かおう) 。

  1. 《「ばん」とも》紙や本などの大きさの規格を示す語。「A5判」「新書判」

  1. 物事の優劣・可否などを見分け定めること。判定。

    1. 「この―仕うまつり給ふ」〈・絵合〉

  1. 判決。さばき。

    1. 「国の守の―にいはく」〈沙石集・九〉

[名]
  1. 印刷で、インキを紙面に移す仲立ちとなるもの。印刷版や版木 (はんぎ) 。版式により、凸版凹版平版、また木版活版などがある。

  1. 印刷版や版木を用いて印刷すること。また、出版すること。「版を重ねる」

  1. (「ばん」の形で、他の語の下に付いて)

    1. ㋐新聞や雑誌などが、その地域や読者層に向けて作ったものであることを表す。「地方版」「学生版求人サイト」

    2. ㋑あるものを、その様式で作り替えたことを表す。作り替えたように似ていることにもいう。「映画版『伊豆の踊子』」「男性版シンデレラ」

[接尾]助数詞。出版物の刊行回数を数えるのに用いる。上に来る語によって「ぱん」ともなる。「第三版」
[名]
  1. 一つの集団を数人ずつに組み分けして、行動・作業を共にする小単位としたもの。「三つの班に分かれて討議する」「救護班」

  1. 仲間。

    1. 「身は当世に蔑視せらるる三文文学者の―に列すれ共」〈魯庵社会百面相

[接尾]助数詞。組の数や順序を数えるのに用いる。上に来る語によって「ぱん」ともなる。「全体を五班に分ける」「一班から三班までがこの車両に乗る」

まだら。ぶち。「白に黒い斑のある犬」

わずらわしいこと。面倒なこと。「煩に堪えない」「煩をいとわず」

手本。模範。「範を後世に残す」「工業先進国に範をとる」

  1. 江戸時代、大名が支配した領域およびその統治機構。「長州藩」

  1. 明治元年(1868)維新政府が旧幕府領に府・県を置いたのに対し、旧大名領をさす公称。

モンゴル族・ウイグル族・トルコ族など遊牧民族の首長の称号。モンゴル帝国では、四ハン国の君主の称。ハガン。可汗 (かがん) 。汗 (かん) 。

[接頭]《英語のpanに「汎」の字を当てたもの》名詞に付いて、広くそのすべてにわたるという意を表す。「汎太平洋同盟」「汎アジア主義」「汎アメリカ」
[接尾]《「さん」の音変化》人名・役職名・団体名などに付いて、軽い尊敬の意を表す。多く、関西地方で話し言葉として使われる。「田中はん」
[接尾]助数詞。刑を受けた回数を表すのに用いる。上に来る語によって「ぱん」ともなる。「前科三犯」

ぼん

出典:gooニュース

出典:青空文庫