合図のためにたたき鳴らす板。寺院の集会などの合図、また、江戸時代には火災の警報などに用いた。

造船時、船台上で船体を支えるために用いる大きな角材。木のほかコンクリート・鋼製のものもあり、積み重ねて支えを作る。

中央アフリカ共和国の首都。コンゴ川支流のウバンギ川に臨む河港都市。旧称ウバンギシャリ。1889年、フランス植民地の前哨基地として建設。木材・コーヒー・ダイヤモンドなどを輸出。人口、行政区47万(1984)。