1. 生命の助かる見込みがないこと。また、命を投げ出すこと。「万死を恐れず」

  1. 何度も死ぬこと。「罪、万死に値する」

死者を悼む詩。哀悼の詩。

  1. 番に当たった兵士。当番の兵士。

  1. 江戸時代、殿中の宿衛、諸所の警衛に勤番した士。