《1丈の万倍の意》

  1. 非常に高いこと。また、非常に深いこと。「黄塵 (こうじん) 万丈」「波瀾 (はらん) 万丈の生涯」

  1. きわめて意気が盛んなことのたとえ。「万丈の気を吐く」

いろいろのありさま。さまざまの形。「千態万状」

《「乗」は車の意。中国の代、天子は直轄地から戦時に兵車1万台を徴発することができたところから》天子。また、天子の位。

「―の聖主は遠島に遷 (うつ) されさせ給ふべしと」〈太平記・四〉

板のような形状。

  1. 律令制で、当番の日に官庁に出勤すること。また、そのような位の低い官職。毎日出勤する長上 (ちょうじょう) に対する語。分番。

  1. 順番に交代して勤務すること。

    1. 「大坂―交替の頃にさきだちて」〈折たく柴の記・下〉

《「ばんしょう」とも》

  1. 古代、大和飛騨などの国から交代で朝廷に仕え、木工寮 (もくりょう) に属して宮廷の建築に従事した職人。

  1. 木造の建物をつくる職人。大工。

  1. 盤の上。特に、碁盤や将棋盤などの上。

  1. 盤の上でする、碁・将棋・双六 (すごろく) などの遊び。

    1. 「―、乱舞の遊び事」〈浄・碁盤太平記

Van Kalesi》トルコ東部の都市バンの郊外にある城跡。紀元前9世紀、ウラルトゥ王国のサドゥール1世により建造。セルジュークトルコオスマン帝国時代に城門などが増築されたが、現在は廃墟になっている。ワン城。

出典:青空文庫