[名](スル)
  1. 映画・テレビの撮影技法で、カメラを1か所に据えたまま、レンズの方向を水平に動かすこと。上下に動かすことにもいう。「パンさせて町の全景を撮る」→チルト

  1. スマートホンタブレット型端末で、拡大した画像などの一部だけが表示されているとき、画面を指で押したまま上下左右に動かすこと。

底が平らで取っ手の付いている鍋。「フライパン」「シチューパン」

ギリシャ神話で、牧人と家畜の神。あご髪 (ひげ) をたくわえ、山羊の角と脚を持った半獣神。山野を走り回り、好んで笛を吹いたという。ローマ神話ファウヌスにあたる。
(Pan)土星の第18衛星。1990年に発見。名はに由来。公転軌道は衛星のなかで最も土星に近く、環の「エンケのすき間」にある。非球形で平均直径は約30キロ。

peroxyacetyl nitrate》硝酸 (しょうさん) 過酸化アセチル。光化学スモッグのとき発生するオキシダントの一種。

personal area network》パソコンの周辺機器を接続するネットワーク。ブルートゥースなどがある。

[補説]ネットワークを通信距離で分類すると、距離が近いものから、PAN、LANMANWANとなる。
  1. 小麦粉・ライ麦粉などを主原料とし、少量の塩を入れて水でこね、酵母で発酵させてから天火などで焼いた食品。

  1. 生活の糧 (かて) 。また、食べ物。「人はパンのみにて生くるものにあらず」

[補説]「麺麭」「麪包」とも書く。

(中国語)中華人民共和国成立以前の中国における同業者・同郷者などの相互扶助組合。また、これに類似した団体。厳格な規約があり、強い団結力で外部勢力に対抗した。

[接頭]他の外来語に付いて、広くそのすべてにわたる、の意を表す。汎 (はん) 。「パンアラブ主義」

出典:青空文庫