1. 他とくらべて、それにたとえること。

  1. 文法で、動作・状態などを他とくらべ、たとえていう言い方。文語では助動詞「ごとし」「やうなり」、口語では「ようだ」などをいう。「比況助動詞」

  1. 秘密の儀式を重んじる宗教。

  1. 仏教で、密教のこと。

真言秘密の法を説いた経典。金剛頂経・大日経・蘇悉地 (そしつじ) 経など。

外部の人が足を踏み入れたことがほとんどなく、まだ一般に知られていない地域。

悲しい状態。悲観すべき状況。

悲しい境遇。不幸な身の上。「悲境を嘆く」

[名・形動ナリ]

  1. 他の物にたとえて、おもしろく言うこと。転じて、おもしろく興あること。また、そのさま。

    1. 「後ろは前に、前は後ろにかはらぬか、と言ひける。さる事やは侍るべき。―の事なり」〈著聞集・一六〉

  1. 《「ひきょ(非拠)」の変化した語。一説に「ひきょう(非興)」の意とも》

    1. ㋐不都合なこと。不合理なこと。また、そのさま。

      「心が本と心得て、強く下種 (げす) しくするもまた―なり」〈十問最秘抄〉

    2. ㋑いやしいこと。つまらないこと。また、そのさま。

      「―な花なりとも」〈中華若木詩抄・下〉

    3. ㋒臆病なこと。卑怯なこと。また、そのさま。

      「やあ、―なり松右衛門」〈浄・盛衰記

[名・形動]《本来は「比興」で「卑怯」は当て字か》勇気がなく、物事に正面から取り組もうとしないこと。正々堂々としていないこと。また、そのさま。「卑怯にも真っ先に逃げ出す」「卑怯なやり方」「卑怯者」
[派生]ひきょうさ[名]

出典:青空文庫