[名]
  1. 2反続きの反物を単位として表す語。大人の着物と羽織とを対で作るときなどに用いる。

  1. 銭を数える単位。古くは10文、のち25文を1匹とした。

[接尾]助数詞。動物・鳥・昆虫・魚などを数えるのに用いる。上に来る語によっては「びき」「ぴき」となる。「2―の猫」
[名]
  1. 引っ張ること。また、その力。「魚の引きが強い」

  1. 特別に目をかけて便宜をはかること。引き立て。「上役の引きで出世する」

  1. 手づる。つて。縁故。「就職するにも引きがない」

  1. 引く力に対して耐える力。紙などの腰があること。「引きのある紙」

  1. 写真撮影で、カメラを後ろへ下げて撮影すること。または、後ろへ下げる空間的なゆとり。「引きで撮る」「引きの写真」「引きのない場所」

  1. 俗に、賭け事・勝負事やくじの運。「引きがいい」「引きの強い人」

  1. 率いること。導き。

    1. 「大君の―のまにまに」〈・一〇四七〉

  1. 江戸時代、田畑の租税を減免すること。

  1. 引き出物」の略。

    1. 「これの内のやつらにも、何かなしに三百づつお―をやる合点ぢゃ」〈浄・万年草

  1. 10 (「びき」の形で)接尾語的に用いて、値引き・値下げの意を表す。「三割引き」

[接頭]動詞に付いて、その動詞の示す動作・作用を強める意を表し、また、語調を強めるのに用いる。「引きしめる」「引きまわす」
[補説]音便で、「ひっ」「ひん」ともなる。「ひっくくる」「ひんまげる」など。

その事をする才能・力量などが不足であること。その器量でないこと。

秘密の記録。

悲しみと喜び。

[名](スル)悪口を言うこと。他人の悪事や醜行をあばいて、その名誉を傷つけること。
  • 「アゼシラウス王の所置を、常に―する程なれば」〈竜渓経国美談
[名](スル)その物事を好ましくないとしてさけきらうこと。忌避。

ヒキガエルの別名。 夏》

出典:青空文庫