ツバキ科の常緑低木。山地の乾いた所に自生。葉は密につき、長楕円形で先が鈍くとがる。雌雄異株。春に白い小花が束になって咲き、黒紫色の実を結ぶ。サカキの代わりに神事に使う地方もある。庭木にする。 花=春》「あしらひて―の花や適ふべき/風生

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[春/植物]の季語