災いのもと。災難。破滅。

「浮き名に沈む水底の、皆身の―とは知りながら」〈浄・五人兄弟〉

皮脂腺から分泌される半流動性の油脂状の物質。肌や髪をうるおし、乾燥を防ぐ役をする。

あれとこれと。あちらとこちらと。

「―相俟 (ま) って始めて全豹を彷彿する事が」〈芥川・きりしとほろ上人伝〉

世間に知られていない歴史。隠された歴史上の事実。また、それを記した書物。「大戦秘史」

柄の先端に二またの鉄の刃を付け、水中の魚を突き刺して捕る漁具。やすの一種。

悲しい歴史。悲しい史実の記録。哀史。

  1. ヒシ科の水生の一年草。池や沼に生え、茎は細長く、泥水中を伸びる。葉は菱状三角形で、葉柄の一部にふくらみがあり、四方に出て水面に浮かぶ。夏、葉の間から短い花柄を伸ばし、水上に白い4弁花を開く。秋にとげのある固い実がなり、果肉は白く、食用。 実=秋 花=夏》「―採のはなるる一人雨の中/蛇笏

  1. 鉄製で菱の実に似た鋭い角のある武器。地上にまいたりして敵の進入を防ぐ。→鉄菱

  1. 文様や紋所の名。菱形をさまざまに図案化したもの。幸 (さいわい) 菱・三蓋菱・松皮菱・割菱など。

  1. 菱形」の略。

  1. 菱縫 (ひしぬい) 」の略。

  1. 菱根 (ひしね) 」の略。

市場を開かないこと。特に、近代中国で、都市の商人が同盟していっせいに店を閉め、営業を停止すること。商人のストライキ

「なお此のうえ海港の―が持続するなら」〈横光・上海〉

出典:青空文庫