1. オナガザル科のうち、ヒヒ属とゲラダヒヒ属の哺乳類の総称。鼻口部が突出した独特の顔つきをし、雄は雌よりもがっしりしていて大きい。アフリカ・アラビアに、マントヒヒドグエラヒヒマンドリルゲラダヒヒなどが知られる。

  1. 年のいった好色な男をののしっていう語。「狒狒おやじ」

[ト・タル][文][形動タリ]物事が並びつらなるさま。
    1. 「怪を信ずる者―として皆然り」〈津田真道明六雑誌二五〉

[副]一様に同じような状態であるさま。どれもこれも。
    1. 「専ら勧懲を主眼として稗史を編む者―是なり」〈逍遥小説神髄

[ト・タル][文][形動タリ]
  1. 雪や雨が絶え間なく降るさま。「霏霏として秋雨が降る」

  1. 物事が絶え間なく続くさま。

    1. 「彦国佳言を吐くこと、鋸木屑 (をがくず) の如く―として絶えず」〈洒・通言総籬

出典:青空文庫