《「宇」は軒 (のき) 。眉 (まゆ) を目の軒と見立てていう》まゆのあたり。まゆ。「決意を眉宇に漂わせる」

わずかに降る雨。細雨。小雨。

古井由吉の短編小説、および同作を表題作とする小説集。昭和61年(1986)刊行。作品集は、ほかに「中山坂」「踊り場参り」などの作品を収める。

出典:青空文庫