• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[ト・タル][文][形動タリ]
  1. 小さいさま。取るに足りないさま。「眇眇たる小吏」

  1. 渺渺 (びょうびょう) 」に同じ。「眇眇たる蒼空」

[ト・タル][文][形動タリ]果てしなく広いさま。遠くはるかなさま。
  • 「朝日が―たる波の彼方に昇ると船はからからと錨を揚げ」〈菊池寛・俊寛〉
[ト・タル][文][形動タリ]水面の果てしなく広がるさま。「淼淼たる大海原」
[副]犬の吠える声を表す語。
  • 「群がる犬の数を尽くして、―とほえ立てる声を聞いた」〈芥川・偸盗〉