• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

不始末。ふしだら。

「兄に負うせて銀 (かね) 盗み、所々の―を仕舞はんと」〈浄・二枚絵草紙〉