• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[副]

  1. むちで勢いよく打ったり、ふすま・障子などを強く閉めたり、ガラスなどに亀裂が走ったりするさま。また、そのようにして鋭く音を立てるさま。ぴしりと。「むちを―鳴らす」「湖面の氷が―割れる」

  1. 容赦のない鋭い調子で物事をするさま。ぴしりと。「要求を―はねつける」

  1. いい加減なところがないさま。すきがないさま。「ズボンにアイロンを―かける」「計算が―合う」