• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[副]
  1. 平手でたたいたり、裸足 (はだし) で歩いたりする音を表す語。ぺたぺた。「廊下を―と歩く」

  1. 物がぴったりと付くさま。

    1. 「湯上りの素足が凍えた。岩に―吸いついた」〈康成・温泉宿〉

[形動]水などが揺れ動いたりはねたりするさま。
    1. 「土が凹 (へこ) んで水が―に溜っている」〈漱石三四郎