• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[副]

  1. 物を打ったり、たたいたりしたときの音を表す語。

    1. 「何でも頭―と打ってみにゃ合点せぬ」〈松翁道話・三〉

  1. 物と物とが寸分たがわず合うさま。

    1. 「先づ―と合ひました」〈浮・万金丹・一〉