1. 空に浮かんでいる雲。うきぐも。

  1. 定まらないこと、また、はかなく頼りないことのたとえ。

[名・形動]運の悪いこと。また、そのさま。「不運をなげく」「不運な身の上」⇔幸運

[感]

  1. 感心したり考え込んだりしたときに発する語。「ふうん、そういう訳だったのか」

  1. 軽視の気持ちを表すときに発する語。「ふうん、まあ頑張りなさい」

出典:青空文庫