口に出して言わないこと。無言。

[名](スル)
  1. 述べ終わったあとで、付け足して言うこと。また、その言葉。付語。「あえて―する」

  1. 遺言証書(遺言状)の末尾に付け足す文。相続の割合の理由、家族への感謝の言葉、葬儀や法要の希望などを自由な形式で書くもので、法的効力はない。

根も葉もないうわさ。浮説。流言。

「少人の―を信じて」〈盛衰記・一一〉

財を生み出すもと。富を生じる資源。

「豊富なる北海の―」〈逍遥・内地雑居未来之夢〉

普賢菩薩」の略。

[補説]書名別項。→普賢

《「ぶげん」とも》わざと事実をまげていうこと。また、その言葉。誣語。

「空前絶後のものといわんも決して―にあらざるなり」〈逍遥小説神髄

日本原子力研究開発機構が福井県敦賀市に設置した発電所。国産技術のみで開発された初の原子力発電所で、世界に先駆けてMOX燃料を本格的に利用した。昭和53年(1978)から平成15年(2003)まで運転。平成20年(2008)から廃止措置に入った。名称は普賢菩薩に由来。正式名称は新型転換炉ふげん発電所。廃止措置の開始に伴い名称を原子炉廃止措置研究開発センターに変更。隣接して日本原子力発電敦賀発電所が立地する。→もんじゅ原子力発電所[補説]

石川淳の中編小説。中世フランスの女流詩人クリスチーヌ=ド=ピザンの伝記を構想する「わたし」を主人公とする観念小説。昭和11年(1936)発表。同年、第4回芥川賞受賞。

出典:青空文庫