[動ワ五(ハ四)]

    1. ㋐充実して勢いが盛んである。「国力が大いに―・う」「成績が―・わない」

    2. ㋑(「ふるった」「ふるっている」の形で)普通とずいぶん変わっている。当たり前でない。とっぴである。「言いぐさが―・っている」

    1. ㋐大きく、また、勢いよく振り動かす。「拳 (こぶし) を―・う」「刀を―・って敵陣に攻め入る」

    2. ㋑思う存分に力を働かせる。十分に発揮する。「権力を―・う」「腕を―・った料理」「インフルエンザが猛威を―・う」

    3. ㋒振ってすっかり出す。「財布の底を―・う」

[可能]ふるえる
[動ワ五(ハ四)]《「振るう」と同語源》
  1. 寒さや恐怖でからだが小きざみに動く。ふるえる。

    1. 「―・う声で詰問しはじめた」〈鴎外魚玄機

  1. 揺れ動く。震動する。

    1. 「地の―・ひ家のやぶるる音、雷に異ならず」〈正保整版本方丈記

[動ハ下二]ふるえる」の文語形。
[動ワ五(ハ四)]《「振るう」と同語源》気力が盛んになる。また、気力を盛んにする。「気力を―・って闘う」

[動ワ五(ハ四)]

  1. 篩 (ふるい) にかけてより分ける。「灰を―・う」

  1. ある基準によってより分ける。選抜する。「試験で―・ってから面接を行う」

[可能]ふるえる

出典:青空文庫