1. 十干の第三。ひのえ。

  1. 成績や等級・順位などの第3位を表す語。「甲・乙・丙・丁」

  1. 戦闘に従事する者。軍人。兵士。「兵を集める」

  1. 軍人の最下位の階級。旧陸海軍では、兵長以下の軍人。「二等兵」

  1. 戦うこと。戦争。いくさ。「敗軍の将は兵を語らず」「兵を起こす」

  1. 武器。兵器。

用心や目隠しのため、家や敷地の境界に建てた板・土・ブロックなどの障壁。

  1. 神前に供える布帛 (ふはく) 。みてぐら。ぬさ。

  1. 貢ぎ物。礼物。

  1. 紋所の名。御幣 (ごへい) を図案化したもの。

  1. よくない習慣。害。「長年の弊を改める」

  1. つかれ。疲弊。「相手の弊に乗じる」

[ト・タル][文][形動タリ]明らかなさま。また、光り輝くさま。
  • 「此損害漸く実地に現われんこと―として掌を指すがごとし」〈島田三郎・条約改正論〉
[感]へりくだった気持ちで応答したり、肯定・承諾したりするときに、また、相手の注意を促すときに発する声。商人などが主に使う。はい。へえ。「へい、さようでございます」「へい、お待ち」

びん

出典:青空文庫