• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 「へ」の字の形に曲がっていること。「口をへの字形に結ぶ」

  1. 《「一」の字を「へ」の字のように書くというところから》未熟で手ぎわの悪いこと。曲がりなり。

    1. 「どうやらかうやら―に埒 (らち) あけさせて」〈浮・一代男・五〉