1. 五十音図ハ行の第4音。咽頭の無声摩擦子音[h]と母音[e]とから成る音節。[he]

  1. 平仮名「へ」、片仮名「ヘ」は、ともに「部」の旁 (つくり) 「阝」の草体から。

[補説](1) 「へ」は、古くは両唇の無声摩擦子音[Φ]と母音[e]とから成る音節[Φe]であり、さらに奈良時代以前には[pe]であったかともいわれる。室町時代末までは[Φe]であったが、江戸時代に入り、[he]となった。(2) 「へ」は、平安時代半ば以後、語中語尾では一般に[we][je]と混同し、室町時代末には[je]と発音されたが、のちさらに[e]と発音されるようになった。これらは歴史的仮名遣いでは「へ」と書くが、現代仮名遣いでは、助詞「へ」以外はすべて「え」と書く。

洋楽の音名の一で、日本音名の第4音。

上。表面。

「いかにあらむ日の時にかも声知らむ人の膝の―我が枕かむ」〈・八一〇〉

民の家。また、それを数える語。

「秦人 (はたひと) の―の数、惣 (す) べて七千五十三―」〈欽明紀〉

[名]
  1. そのものにごく近い場所、また、それへの方向を示す。近く。ほとり。あたり。

    1. 「大君の―にこそ死なめ」〈続紀・聖武・歌謡〉

  1. (多く「」と対句になって)海のほとり。うみべ。

    1. 「沖見ればとゐ波立ち―見れば白波さわく」〈・二二〇〉

[接尾]名詞、動詞の連体形の下に付く。普通「え」と発音され、また濁音化して「べ」ともなる。
  1. その辺り、その方向などの意を表す。「片 (かた) ―」「行 (ゆ) く―」「海― (うみべ) 」「水― (みずべ) 」

  1. その頃の意を表す。「去 (い) にし―」「春― (はるべ) 」「夕― (ゆうべ) 」

  1. 肛門 (こうもん) から放出されるガス。飲み込んだ空気や、腸の内容物の発酵で生じる。おなら。「屁をひる」

  1. 値打ちのないもの、つまらぬもののたとえ。「屁にもならない」

酒などを入れる容器。瓶 (かめ) 。

「―二十ばかり据ゑて」〈宇津保・吹上上〉

《「いへ」の音変化》いえ。人家。

「春の野に鳴くやうぐひすなつけむと我が―の園に梅が花咲く」〈・八三七〉

船の先端部。船首。へさき。みよし。

「艫 (とも) に―にま櫂しじ貫きい漕ぎつつ」〈・四二五四〉

かまど。へっつい。

「慎 (ゆめ) 、よもつ―ものを莫 (な) 食ひそ」〈霊異記・中〉

[感]

  1. 応答のとき、軽くへりくだった気持ちを示して発する声。「へ、恐れ入ります」

  1. こばかにする気持ちを表すときに発する声。ふん。へん。「へ、つまらないことを言うね」

[格助]《現在では「え」と発音する》名詞に付く。
  1. 動作・作用の移動・進行する目標地点・方向を表す。…の方向に向かって。…の方へ。「西へ向かう」

    1. 「今日 (けふ) 、車、京―とりにやる」〈土佐

  1. 動作・作用の行われる場所・帰着点を表す。…に。「庭へ物を捨てるな」「父も母も留守のところへ訪ねてきた」

    1. 「十月十四日、関東―下着 (げちゃく) 」〈平家・八〉

  1. 動作・作用の向けられる相手・対象を表す。…に対して。…に。「父へ送った手紙」「お母さんへよろしくお伝えください」

    1. 「われらが主の太政入道殿―、いかで参らであるべき」〈平家・二〉

[補説]「あたり」の意を表す名詞「辺 (へ) 」から転じたもの。本来は「に」が場所や動作・作用の帰着点を静止的に指示するのに対し、「へ」は、動作・作用の向かう目標を移動的に指示する傾向が強い。しかし、平安時代末ごろから、23の用法が生まれ、「に」との境界がしだいにあいまいになる。