• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[連語]《推量の助動詞「べし」の語幹「べ」+接尾語「み」》…しそうなので。…はずであろうから。多く「ぬべみ」の形で用いる。
  • 「いた泣かば人知りぬ―」〈允恭紀・歌謡〉
「佐保山のははその紅葉ちりぬ―夜さへ見よと照らす月影」〈古今・秋下〉
[補説]上代に多くみられ、中古には和歌にのみ例がある。