中国、内モンゴル自治区西部の工業都市。黄河中流の北岸に位置し、交通の要地。製鉄・製鋼業が行われる。人口、行政区167万(2000)。パオトウ。

  1. 仏法がこの世の闇 (やみ) を照らすことを灯火にたとえていう語。のりのともしび。

  1. 高徳の僧。最高位の僧。

  1. 仏前に供える灯火。

[名](スル)神仏の前にともしびを供えること。また、そのともしび。「神前に奉灯する」
[名](スル)つつしんで答えること。「御下問に奉答する」

宝物として大切にしている刀。「伝家の宝刀」

神前・仏前にともす灯火。みあかし。

  1. 仏塔の美称。

  1. 仏塔で、円筒形の塔身に方形の屋根をのせ、その上に相輪を立てたもの。多宝塔に対していう。

  1. 主義や利害を共通にする仲間。徒党。

  1. 中国で、宮廷内の官僚が結んだ政治的党派。代、王安石らの新法党と司馬光らの旧法党、代の東林党などがその典型的な例。

仏法の伝統。また、仏法の系統。「法統を継ぐ」

軍艦や要塞などで、砲・砲手などを攻撃から防護するための、厚い鋼鉄製の囲い。

[名](スル)
  1. 答えること。返答。

  1. むくいること。恩や恨みを返すこと。返報。

蓬 (よもぎ) のように、ぼうぼうに伸びた頭髪。おどろがみ。

《「はくたく」の音変化》

  1. 小麦粉を練り、平たくのばして細く切った食品。これが現在のうどんになったという。

  1. 手打ちうどんと、カボチャ・シイタケなどの野菜を味噌で煮込んだもの。山梨などの郷土料理。

[名・形動](スル)思うままに振る舞うこと。特に、酒や女遊びにふけること。また、そのさま。「放蕩な息子」「放蕩したあげく身代を潰す」