1. 方向。方角。方位。「西の方」「駅の方へ歩く」「声のする方を見る」「九州の方に行く」

  1. 部門・分野を漠然と指す語。その方面。また、指し示すものをあいまいにするために使う語。「将来音楽の方へ進みたい」「その方では有名な人だ」「父は防衛省の方に勤めています」「近ごろおうちの方はいかがですか」「薬の効果の方はいかがなものでしょう」

  1. 二つ以上あるもののうちの一つをとりあげてさす語。「黒い方が好きだ」「もっと味を濃くした方がいい」「こちらの方が悪かった」

  1. どちらかといえばこちらだという部類。「性質は臆病な方だ」

  1. 物のやり方。しかた。方法。また、処方。

    1. 「あの場合ああでも為 (し) なければ―が付かないんだもの」〈漱石

  1. 四角。また、正方形の一辺の長さ・距離を示す語。「方形」「方100里」

    1. 「―三間ばかりの狭き法廷」〈木下尚江良人の自白

[補説]2から派生して、表現をあいまいにするためやぼかすために付ける、意味のない語としても用いる。「お料理のほうをお持ちしました」「お荷物のほう、お預かりします」
1990年代半ばくらいから若者の間にはやりだした。多用する話し方を「ほう弁」という。→とか
(ハフ)
  1. 現象や事象などがそれに従って生起し、進展するきまり。法則。「自然には自然の法がある」

  1. 社会秩序を維持するために、その社会の構成員の行為の基準として存立している規範の体系。裁判において適用され、国家の強制力を伴う。法律。「法のもとの平等」「民事訴訟法」

  1. 集団生活において、その秩序を維持するために必要とされる規範。おきて。しきたり。道徳慣習など。「法にはずれたやり方」

  1. 物事をする定まったやり方。正しいしかた・方法。「法にかなった筆使い」「そんなばかな法はない」

  1. 珠算で、乗数。または、除数。→

  1. インド‐ヨーロッパ語で、文の内容に対する話し手の心的態度の相違が、動詞の語形変化の上に現れたもの。直説法接続法・希求法・命令法条件法など。叙法。

(ホフ)(梵)dharmaの訳。達磨・曇摩と音写。保持するものの意》仏語。
  1. 永遠普遍の真理。

  1. 法則。規準。

  1. 有形・無形の一切の存在。また、その本体。

  1. 仏の教え。仏法。また、それを記した経典。

  1. 祈祷 (きとう) 。また、その儀式。「法を修する」

ほ(保)3」に同じ。

諸侯・大名の領地。封地。封土。

「忠広が―を除かれた時、伝左衛門とその子の源左衛門とが流浪した」〈鴎外阿部一族

花あるいは花序の付け根に出る葉。芽やつぼみを覆って花を保護する。うろこ状や花びら状となるものもある。包葉。

  1. 大砲。大筒 (おおづつ) 。火砲。「五門の砲が火を噴く」

  1. 野球で、強打者。また、本塁打のこと。「アベック砲」

  1. 公家の装束の盤領 (まるえり) の上衣。束帯衣冠などに用いる位階相当の色による位袍と、位色によらない雑袍とがあり、また、文官用の縫腋 (ほうえき) の袍武官・幼年用の闕腋 (けってき) の袍の2種がある。うえのきぬ。

  1. 上衣。

  1. 知らせ。通知。報告。「危篤の報を受ける」

  1. 行為に応じて受けるむくい。応報。返礼。

    1. 「前の世に福の因を殖ゑずして此の世に貧しき―を得たり」〈今昔・一二・一五〉

刃物の先のとがった部分。きっさき。また、刀。つるぎ。

「未だ他に対して―を争いしものに非ず」〈福沢学問のすゝめ

想像上の大鳥。翼の長さ3000里、一度はばたけば9万里を飛ぶという。おおとり。

[感]驚いたり感心したりするときなどに発する語。「ほう、そんなに大きかったかね」

ふう

ぼう

出典:青空文庫

出典:gooニュース