• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[副]

  1. 一つずつ順を追って行うさま。

    1. 「物語り仕まつるを、かたへにて―書き付くれば」〈浮・万金丹・序〉

  1. 静かでしんみりとしているさま。

    1. 「あとへ残り、―話をしてゐる」〈洒・遊子方言

  1. 軽く物をはじく音を表す語。

    1. 「算盤 (そろばん) の玉を―物思ひ」〈若の浦〉