1. いろりの中央にある火をたくくぼんだ所。

  1. 鍛造用の簡単な炉。

  1. 歩く速度や歩幅 (ほはば) の程度。「歩度を速める」

  1. 時計歩度

  1. 物事・動作・状態の程度や段階。「年の程は二十 (はたち) 前後」「実力の程はわからない」「身の程をわきまえる」

  1. 許される範囲内の程度。ちょうどよい程度。「ふざけるにも程がある」「何事も程を過ごさないようにしろ」

  1. ある広がりをもった時間。

    1. ㋐ある程度の時間。間 (ま) 。「程もなく帰ってきた」「程を経て返事が届いた」

    2. ㋑おおよその時間・時刻。ころ。おり。「夕暮れの程に家を出る」「手のあいた程をみて連絡します」

  1. (「…のほど」の形で)断定を避け、表現をやわらげるのに用いる。「御自愛の程を祈ります」「詳細の程は、お問い合わせください」

  1. ある広がりを持った空間。

    1. ㋐おおよその距離・道のり。

      「明石 (あかし) の浦は、ただはひ渡る―なれば」〈・須磨〉

    2. ㋑おおよその広さ・面積。

      「―なくものはかなき住まひを」〈・夕顔〉

    3. ㋒おおよその場所。あたり。

      「中御門京極 (なかのみかどきゃうごく) の―より、大きなる辻風 (つじかぜ) 起こりて」〈方丈記

ホドイモの別名。

[副助](名詞、名詞的な語、活用語の連体形などに付く)
  1. 多く、数量を表す語や、「いか(如何)」「どれ」などの語に付いて、おおよその分量・程度を表す。…くらい。「一週間程旅行する」「どれ程眠ったろうか」

    1. 「五丁―も往 (い) たら」〈滑・浮世床・初〉

  1. ある事柄をあげることによって、動作や状態の程度を表す。…くらい。「二人は驚く程似ている」

    1. 「ワガ母―ノ慳貪 (けんどん) 第一ナ者ワ世ニアルマジイ」〈天草本伊曽保・母と子〉

  1. 打消しの意を表す語と呼応して、程度を比較する基準を表す。…くらい。「きのう程暑くはない」「彼程正直な人はいない」

    1. 「東国の武士―恐ろしかりけるものはなし」〈平家・九〉

  1. (多く「…ば…ほど」の形で)一方の程度が高まるのに比例して、他方の事柄・状態が一層高まる意を表す。…につれて一層。「読めば読む程面白くなる」

  1. 限度を表す。…だけ。

    1. 「ほしい―飲みて」〈四河入海・二五〉

[補説]名詞「ほど(程)」から転じたもので、中世以降になって助詞として用いられるようになった。2は多く、動作や状態の程度がはなはだしいことを表す。→ほどに[連語]

出典:gooニュース