一歩一歩。ひとあしごとに。

「如何に―予を死地に駆逐したるか」〈芥川・開化の殺人〉

ふところ。懐中。

「文を受け取り―に入れ」〈仮・竹斎・上〉

[感]

  1. 女性などが、軽く上品に笑う声。「ほほ、おかしな方ね」

  1. ほほう」に同じ。

出典:青空文庫

出典:gooニュース