罪人をめしとる役人。とりて。とりかた。

  1. 土地を掘って水を通した所。掘り割り。

  1. 敵の侵入を防ぐために、城の周囲を掘って水をたたえた所。

  1. 彫ること。また、彫ったぐあい。「巧みな彫り」

  1. 彫ったような凹凸 (おうとつ) 。「彫りの深い顔」

出典:青空文庫