[名]
  1. 書籍。書物。「本を読む」「本の虫」「美術の本」

  1. 脚本。台本。「本読み」

  1. 模範とすべきもの。手本。「手習いの本とする」「行儀作法の本になる」

  1. もととなるもの。主となるもの。根本。また、本分。「学業を本とする」

  1. 本当であること。真実。

    1. 「冗談ではなし、―の事」〈露伴・一刹那〉

[接頭]名詞に付く。
  1. 今、現に問題にしているもの、当面のものであることを表す。この。「本議案」「本大会」

  1. それがいま話している自分にかかわるものであることを表す。「本大臣としては」

  1. きょうの。本日の。「本未明」

[接尾]助数詞。漢語の数詞に付く。上に来る語によっては「ぼん」「ぽん」となる。
  1. 長い物、細長い棒状のものなどを数えるのに用いる。「鉛筆五本」「二本の道路」

  1. 剣道や柔道などで、技 (わざ) の数を数えるのに用いる。「二本を先取する」

  1. 映画の作品の数を数えるのに用いる。「主演作五本」

[名]
  1. 古代の中国で、官人に与えられていた位階。

  1. 日本で、親王内親王に与えられた位階。一品から四品まであり、無位の者は無品 (むほん) とよばれた。品位 (ほんい) 。

  1. 日本で、位階の異称。

[接尾]上に来る語によっては「ぼん」「ぽん」となる。
  1. 仏教で、極楽往生する者の能力や性質などを等級に分ける語。上中下に分け、さらに、それぞれを上中下に分ける。→九品 (くほん) 

  1. 仏典の中の編や章に当たるもの。「方便品」

音の大きさ、特に、騒音の大きさの単位。人間の耳で聞きうる最小限の音を零ホンとし、最大可聴音を130ホンとする。→フォン

[補説]計量法の改正により、平成9年(1997)以降、騒音の単位は国際単位系デシベルに統一された。

〈反〉⇒はん

〈叛〉⇒はん

ひん

出典:青空文庫

出典:gooニュース