• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

亀甲や獣骨を焼いて生じるひびの形により事の吉凶をうらなうこと。また一般に、うらなうこと。うらない。

[名]男の召使い。下男。
[代]
  1. 一人称の人代名詞。男性が自分のことをさしていう語。対等またはそれ以下の人に対して用いる。「僕んちにおいでよ」「君のほうが僕より若い」

  1. 小さい男の子に対して呼びかける語。「僕のお名前は」

[補説]1は、現代では親しみのあるくだけた言い方として使われ、改まったときは「わたくし」を用いる。古くは「やつがれ」と読み、相手に対してへりくだる気持ちで用いられた。明治時代から、書生・学生が「ぼく」と読んで用いるようになった。
[動カ下二]ぼける」の文語形。

[名・形動]

  1. 立ち木。樹木。

  1. 年月を経て、ふしくれだった樹木の根や幹。築山などに用いる。「みごとな木」

  1. 材木。転じて、木を材料にしたもの。木製。「木の煙草盆」

  1. 気のきかないこと。また、そのさまや、そのような人。

    1. 「―な野郎だとつもられるもお恥づかしいからね」〈滑・早変胸機関〉

もく