• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[副]

  1. ほっかり3」に同じ。

    1. 「わたしが女房に下さりませと―言へば」〈浄・源頼家源実朝鎌倉三代記

  1. ほっかり5」に同じ。

    1. 「小じたたるう仕かけたら、―と食ひついて」〈浄・阿波鳴渡