1. 毛糸・羽毛などで作った玉房。帽子・靴・洋服などにつけて飾りとする。房飾り。

  1. チアガールなどが手に持って振る、応援用の大きな玉房。

[副]
  1. 続けざまに物を軽くたたく音や、そのさまを表す語。「つづみをぽんぽん(と)鳴らす」

  1. 続けざまに物が破裂する音を表す語。「ポップコーンがぽんぽん(と)はじける」

  1. 勢いよく次々と物事が行われるさま。「ビールの口をぽんぽん(と)開ける」「気前よくぽんぽん(と)人にやる」

  1. 勢いよく続けざまに、または遠慮なくものを言うさま。「批判の言葉がぽんぽん(と)出る」

[形動]腹などがいっぱいになってふくれるさま。「ごちそうでおなかがぽんぽんになる」
[名]腹をいう幼児語。ぽんぽ。「ぽんぽんが痛くなる」

[アクセント]ンポン、はポンポン

出典:青空文庫